教師の転職は児童英語教師がおすすめ

 昨今、教員免許を取得し、運良く学校で勤務ができるようになったとしても様々な事情によって転職を考えている人が多い業界であることが取り沙汰されるようになりました。では、実際に転職先として選ばれるのはどのような職種なのでしょうか?

 

児童英語教師

 やはり教員経験があるということで、教育業界への転職が非常に有利であることは間違いありません。塾の講師となる人もいれば、学童保育士になる人もいるようです。教育のプロとして現場の経験を生かして、違う現場を選ぶというのが無難な選択肢だと言えるでしょう。

 

 そんな中で児童英語教師がにわかに注目を集めているのです。All Aboutによると児童英語教師になる主婦の人が大変増えていることが報告されています。それだけ需要がある分野である証明ですね。現在は少子化ですので、一人一人の子供に高い質の教育を受けさせようとする潮流が生まれています。そこに、児童英語教師の需要が生まれたと考えられます。児童英語教師になるために公的な資格は必要ありません。一般的なのは児童英語教師を養成する専門学校や大学のコースを卒業する、という道があります。

 

【お役立ち情報】
http://xn--45-3b1eq28ejpq.net/
45歳での転職は諦めたらできません。転職を成功させるためのポイントを見てみましょう。

 

33歳の転職マニュアル
33歳からの転職を実際に成功させた方の体験談を参考にしましょう。

 

 

教師だから感じる魅力

 元教師という現場のプロとしての知見を生かせば、児童英語教師としてより高い質の教育を施すことができるでしょう。初めての業界で一からの転職を目指すのも一つの手段ではありますが、これまで培ったものを生かしての転職も良いはずですし、何よりも教育の現場で働けるというのが先生にとっては魅力になるのではないでしょうか。