転職へのアプローチは間違っていない?

転職へのアプローチは間違っていない?

 

 

 40代になって再就職先を探すときには、それまでどんな社会人生活を送ってきたかが問われることになります。

 

 キャリアを積んできた40代であれば、実務処理能力やマネジメントスキルも十分あるでしょうから、現職と同じ業界や職種への転職を目指せばきっとうまくいくはずです。

 

 ですが、現職で人に誇れる状況にない、あるいはリストラや倒産ですでに就業していないのであれば、同じような仕事に就くのは難しいでしょう。そうした自分の力量を把握しなければ、再就職の道は開けません

 

キャリアを活かした再就職活動

 

 キャリアとスキルを活かして再就職活動を行う方法には、次のようなものがあります、求人サイトや転職エージェントに登録し、スカウトや求人を待つ、中高年を対象にした転職フェアやセミナーに参加し、求人情報を収集する、派遣会社に登録し、希望職種への紹介予定派遣から正社員を目指すなどです。

 

 身近で、手間が掛からないものも多いので是非活用してみましょう。

 

スキルがない場合の再就職活動

 

 企業にアピールできる経歴や実績がない場合は、パート・アルバイトも視野に入れた再就職活動を進めましょう。派遣会社に登録し、未経験者OKの仕事を紹介してもらう、ハローワークなどを活用し、無料でスキルアップの講習を受けるなどがおすすめです。

 

 スキルが無くても、職種によっては雇用の間口が広いものが多くありますので、職種をあまり狭めずに転職活動を行っていきましょう

 

資格取得も視野に入れてみよう

 

 正社員として再就職したいなら、企業が必要とする資格を取得するのも一つの方法です。「宅地建物取引主任者」や「社会保険労務士」、「マンション管理士」、「介護福祉士」などの資格は、持っていると再就職先を探しやすいです。

 

 資格取得に向けた勉強を行っている段階で、資格が活かせる職場にエントリーすることもできます。再就職活動の空き時間を有効活用しながら、自分の売りになるスキルを身に着けてみてはいかがでしょうか。努力はきっと、報われるはずです。