48歳の転職希望者とハローワーク

ハローワークに利用登録をしよう!

 

 在職中のビジネスパーソンであれば平日昼間にハローワークに並んで窓口で相談をするわけにはいきませんが、ハローワークインターネットサービスに利用登録をすることで、自宅のパソコンからハローワークの求人票を検索することが可能です。

 

 近隣エリアの求人票がとにかく大量にあるのでハローワークは利用しましょう。

 

ハローワーク求人票の注意点とは?!

 

 ハローワークの場合は、求人票に企業概要や仕事の内容に関して、ほとんど説明書きがないのが特徴的です。応募者は自力で企業研究をする必要がありますし、入職するまでどんな会社なのか?!まったく知らない人も多いことでしょう。

 

 それから48歳の転職希望者の場合、若い人向けのサインが出ている求人票に応募しないようにしましょう。

 

「カラ求人」って何ですか?!

 

 ハローワークは役所なので同エリアの企業を回って求人票を出してもらえるように頼んでいます。

 

 企業としても本気で採用する気はあまりないのですが“いい人が来たら会ってみてもいいかも”と求人を出します。これをカラ求人と呼んでいますが、いつも同じ内容の求人票には十分注意しましょう。

 

 

 

【参考記事】