48歳の転職希望者と履歴書作成の注意点とは?!

「証明写真」は自信の持てる1枚を用意しよう

 

 証明写真ですが、3か月以内にスーツ着用で撮影した写真を使用しましょう。プロに写真館で撮影してもらうのがベストです。

 

 採用担当があなたの顔つきを最初に確認する写真ですから、元気のよさそうな明るい表情で写っているかどうか?!がポイントです。ノリで貼る場合は失くさないように裏に氏名を書いておくとよいでしょう。

 

「志望動機欄」は空白スカスカで提出してはいけない!

 

 自分がその企業に入ったときに、“どういう貢献をすることができるか?!”“自分が会社にもたらす利益は何か?!”という点を意識しながら5〜6行はしっかり記載しましょう。

 

 この欄がスカスカですと採用担当にどうしても入社したいという意欲が伝わりにくいです。自社サイトを読みながらしっかり記載しましょう。求められているスキルをイメージするとよいでしょう。

 

手書き?それともパソコンで作成?どっちがいいの?!

 

 特別に字が汚い転職希望者でなければ、履歴書は丁寧に心をこめて手書きにして、職務経歴書は必ずパソコンで作成をするようにしましょう。

 

 文字から採用担当は人柄を読み取るとも言われます。

 

 

 

【関連記事】