48歳の転職希望者が面接で求められるマナーとは?!

ヘアスタイルや身だしなみに気を配ろう!

 

 心理学者の説によれば、人間の第一印象の8割はヘアスタイルで決まるといいます。髪型が与える印象は想像以上に大きいのですから、ひごろから自分に似合うヘアスタイルを研究するという趣味を持ちましょう。

 

 なんだかんだ言っても、「外見」で採用されたりされなかったりする面はあるのです。身だしなみに気を配ることができる“心の余裕”が無い48歳は採用は難しいでしょう。

 

応募書類に記載されているとおりの人物を演じ切ろう!

 

 応募書類に記載したとおりの人材であるという印象を面接で与えなければ採用されません。プラス一緒に働くことができるコミュニケーション能力の高い人である必要があります。

 

 名前を最初に呼ばれた際の返事でだいぶ印象が違ってきます。明るく元気の良い返事や会話ができるように、自分で意識して声を出すようにします。

 

会社批判や前職の上司の悪口は不可!

 

 退職(したい)理由を聞かれる可能性もあります。会社批判や前職の上司の悪口を言うのは不可です。前向きでキャリアゴールを見据えた自信のある回答をすべきで他人の悪口を言ってはいけません。

 

 

【関連記事】