退職時の有給消化は戦いです

有給休暇日数、把握していますか?

 

 有給消化ができるかどうか、これはあなたの行動・活動次第でしょう。どう動くかによって結果が変わってくる、これは仕事も転職も、そして退職時の有給消化も同じなのです。

 

 戦いの備えとして、まず、有給休暇の日数、これを確認・把握しておかなければなりません。勤続月数・年数、出勤割合などによって算出される有給休暇ですが、自分で計算せずとも、給与明細等に記載されているはず。そこで確認できなければ、会社に直接聞いた方が早いでしょう。

 

 「有給消化する気だな?」と思われてしまうかもしれませんが、それもひとつの揺さぶりとして利用可能なので、堂々と聞いてしまって問題ありません。

 

有給消化への妨害に気をつけて

 

 有給消化の最大の壁となるのは、上司などからの妨害です。妨害の質や程度は会社や上司によって異なりますが、何らかのそれはあると思いながら作戦を練っておかなければなりません。

 

 有給休暇に関する法律をある程度頭に入れておき、就業規則も確認の上、退職行動に特に問題が無いように準備しておく。これだけで、有給消化の妨害をかわすための準備はほぼ整えられます。

 

 より注意して欲しいのは、就業規則の方。会社側はなんとか文句をつけて有給消化をさせないようにしてくるかもしれません。そうならないように、こちらも何重にも対策を練り、文句の言いようがないような働き方や動き方をしておく必要があるでしょう。

 

無事申請が通るまで気を許さないこと

 

 会社からの妨害などは、いつ何時起こるかわかりません。無事に有給休暇の申請が通り、それが認められるまで気を許さないことが求められます。

 

 会社や上司の言うことがコロコロ変わることも多いので、このための対策も講じておいてください。退職を決めた時から記録を取っておくと、こうした妨害に対応することができるはず。

 

 ノートに書き留めておく、書類をコピーしておく、大事な話や相談は録音しておくなどすれば、相手の妨害への対策にもなりますし、トラブルが起こったとしてもこちらに有利に事を運べるようになるでしょう。

 

 こうした気を抜かない行動によって、退職時に有給休暇を無事取得することができます。逆に言えば、これほどやらないと取得できないケースも多いので、転職活動とはまた違った戦いだと認識し行動することを心がけなければなりません。

 

 

【関連記事】